【Apple Pencil】iPadを買う前に注意すべきこと3つ【Proか無印第6世代か】

こんにちは、ハンサム真木です。
今年春に登場した廉価版iPad(別名:第6世代)の登場により、
iPadは以前より敷居が低くなりました。
さらに今までiPad Proシリーズにしか対応していなかったApple Pencilに対応したことで、
興味を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今現在iPad Pro9.7inch(2016年モデル)を所持し、
仕事でもiPadの各世代に触れる機会のある僕が、
買う前に注意すべきことを自分なりにまとめてみました。

主に
・目的に見合うスペックと値段か?
・周辺機器も買おうとしているか?
・重要な仕事に使うのか?

この3つになります。



買おうとして要るiPad、目的は?値段は?

僕はiPad Proを、ブログ執筆用兼デジタルペイントツール扱いしています。

この使い方は、ペンだけでは成立せず、巨大な画像データと専用アプリが問題なく動く性能を持っていて初めて出来ることでもあります。
なので、 絵をがっつり描くなら僕はProのほうをお勧めします。

ApplePencilを使うにしても、それがメモ書きや文書のついでの図などが目的であれば、 安い方のiPadで全く問題ないかと。

※Proの名がつかないiPadでPencil対応して要るのは現在、2018年発売のiPad(第6世代)のみなので注意。

では、それぞれの商品を見てみましょう。

廉価版iPad(第6世代)

インチは9.7。よくあるタブレット類のサイズです。
性能はProよりも低い事になりますが、
ゲームや動画再生などであれば十分サクサク動く性能です。

iPad Pro(2017)サイズが2種類

インチは10.5と 12.9。後者はかなりデカイです。外に持ち出すテンションでは無いですね。
屋内でのみで使う場合であっても、PCとは違う手軽さ、その割に高い性能、画面の美しさには驚くことでしょう。
普通の用途なら10.5インチで。
作業用スペースであるRAM(メモリ)が4GBと、通常版iPadの2倍積んであるので、
重いソフトなどによる同時作業にも耐えます。
急にアプリが落ちるとか、業務では避けたいですからね……。

iPad周辺機器はどうする?純正ペンと純正キーボードについて

iPadを買うと同時に、目的に沿って周辺機器を買う人もいます。
ここではペンとキーボードについて紹介。

ApplePencil

CMでもお馴染みの純正ペン。筆圧の段階が細かく描写が美しいだけでなく、

・本体と接続する作業「ペアリング」が恐ろしく楽
・iPad充電口に直接挿しても充電でき、数十秒したらもうガッツリ作業できてしまう

といった特徴があります。
Apple Pencil 用の付属品などもまた充実しているので、
キャップを付けたりシリコンカバーを付けたり
カスタマイズしやすいのもメリット。

ただ1万円越えと高価なので、他社のスタイラスペンも目的に応じて視野に入れましょう。
一応プロ用PCペンタブレットで有名なWacomもペンを出しています。↓

非純正のペンで描画する場合は、
使うアプリがちゃんと対応のものか確認も忘れずに!

Smart Keyboard

Pro専用の純正キーボードです。
充電すら不要で、接続して立て掛けたらもうキーボードとして働くという優れもの。
他社製の同じキーボードと比較して、

・充電不要な点、
・軽い、薄い

このあたりはさすが純正といったところなんでしょうか。
使い心地に特化しているような印象を受けます。

一方僕は純正のそれを使っていないのですが、
理由は値段に行き着きますね……純正の、1万8000円します。

僕が代わりに使っているのはこれ。3300円ですが気に入っています。

欠点は重いこと。若干分厚くなる事。(といっても大抵の書籍やノートPCよりは薄いですが)
純正スマートキーボードとは100g以上差があります。
おそらく磁石の含有量などもあるのでしょう。

ただ、一度の充電で相当持つようで、
どれぐらい持ったのか記憶にないほどです。「あ、たまには充電しなきゃな」と思って 挿すのが週一ぐらい。
カバンが重くならない方がいい人は純正にしましょう。

そのiPad、仕事に使う?外でも使う?

iPadをどんな環境で使用するのか?
その答えで、選ぶ型の選択肢が変わってきます。
iPadには、

Wi-Fiモデル
Wi-Fi +セルラーモデル

という2種類の型が存在します。
何が違うのか?ざっくり説明していきます

Wi-Fiに頼らない。セルラーモデルのiPad

セルラーモデルというのはiPhoneのように、
携帯キャリアが出している外の電波を拾える型という意味です。
別途通信契約もして、SIMカードを入れる選択肢があるというわけですね。
そういったモデルは普通に携帯ショップに売ってます。

で、 Wi-Fiモデルというのが、
Wi-Fi環境がないと通信できないよという型。
ノートPCみたいなイメージですかね。
ポケットWi-Fiを持っていない場合は、テザリングなどでひと工夫要るわけです。

ただiPadでする作業はWi-Fiある場所でしかやらないよ!という場合に、
じゃあWi-Fiモデルでいいね!という単純な話でもないのです。



Wi-Fiの落とし穴

これはiPadに限った話ではありませんが、
外での通信に フリーのWi-Fiを使用する場合、
重要な仕事を端末で行うのは危険なので避けたいのです。
フリーのWi-Fiは暗号化されていないことが多く、
便利な反面、情報のやりとりが暗号化されず
情報漏洩のリスクがあるからですね。

以下引用↓

たとえば大手飲食店に入り、Wi-Fiネットワークに接続したらカギマークなしのフリーWi-Fiだったとする。できることならギガ節約のためにカギ無しでも使いたいところだが、はたしてどれほど危険なのだろうか。

暗号化されていないWi-Fiは、悪意あるハッカーにとっては鍵がかかっていない玄関と同じ。通信内容はほぼハッカーに盗み見されていると思っていい。だが、言いかえれば、友だちとのメール交換やwebで調べ物したり、YouTubeでミュージックビデオを楽しむといった、別に盗み見されても平気なものなら心配はない。
引用元:フリーWi-Fiの安全な使い方 「危険性は?」「接続できない」など疑問にズバリ

もしWi-Fi環境でやるとしても、通信先は選びたいところですね。
ただセルラーモデルならその心配は無くなり、
場所を選ばず、外でいつでも安定した通信(これは携帯キャリアにもよりますが)を確保出来るんですね。

ここは目的に合わせて選びましょう。時間が経てば値引きなどあるかもしれませんが、
やはりセルラーモデルの方がわずかに値段が高いです。
とはいえ、携帯ショップに売っているセルラーモデルは通信契約の月額がある代わりに、
本体代を値引きしたりしています。

Wi-Fiモデルで本体だけ買って分割する代金のランニングコストと比較してもいいかもしれません。

いかがでしたでしょうか。
ぜひ購入の参考にしてくださいね。