【夫婦】彼女にプロポーズされた年下男子が考える、彼氏とうまくいく方法【カップル】

こんにちは、もともとお互いに結婚の意志はあったものの、
あらためてサプライズまで頂いたハンサム真木です。

出会って一年に満たない中でのこの結果。ありがたい事です。

うまくいく方法と書きましたが、
僕の持論は「パートナーに自分を評価させない」事です。
どういう意味なのかというと、
自分の価値は自分一人でなんとかしておけ!ということに尽きます。



彼氏彼女以前に、人として自己評価を完成させておく

うまくいかないカップル事情は、
今の時代、検索すると無限に出てきます。
よくあるトピックとして印象深い物の一例を出すと、

・男女割り勘問題
・結婚指輪の値段問題
・結婚式するしない問題

辺りなのですが、
共通して現れやすいワード、思考回路は
「男だから、女だから」からくる周囲に対するメンツとか恥とか
その辺りが非常に多い印象を受けるんですね。

ここが変だなと思う訳です。
女扱い、男扱いされ足りないから結婚相手にして欲しいっていうのは、
今まで女扱い男扱いされ足りなかった自分の人生の責任転嫁ですし、
モテてたらそこは満ち足りていたということなら、
自分に今まで魅力がなかっただけの話です。

パートナーに思いっきり男扱い、女扱いされて初めて保てる自己肯定感はもう無いのと一緒です。
そこは自分でなんとかしておきましょう。独身のうちに。
駄目でもパートナーに責任を求めないこと。

そもそもハンサム真木って彼女を溺愛してなかったっけ?自分からプロポーズしなかったの?

そうなんです。毎日かわいいとか美人とか言ってますし当初から結婚したいと言ってました。
入籍の目安まで決め、
プロポーズらしいイベントがたまたま無かっただけでした。
お互いに家庭願望が無いのでボーダーラインとして最重要項目では無かったのもあります。
式も特にしないですね。

あまり周囲を意識してもいませんが、
式や旅行なし結婚はここ最近では珍しくないそうですし。

夫婦間の結婚式のする・しない対立の例

以下引用↓

結婚式挙げない指輪いらない旅行もしないという嫁

タイトルの通り嫁が式も挙げない指輪もいらない旅行もしないと言っています。
お金がもったいない、もっと実のあることに使いましょうというのです。

また結婚相談所で知り合ったのですが、
なれそめを式でいうのがいやなのだそうです。

一生ものの記念なのに、「お金がもったいない」の一言で切り捨てられる嫁の心理が分からずにいますが、何を言っても聞き入れません。

嫁の希望に従うべきでしょうか・・?

引用元:読売新聞(YOMIURI ONLINE) 〜発言小町〜

↑このトピックに対する返事が非常に多い上にバリエーション豊かなので見入ってしまいました。
賛成も反対も沢山あり、偏りは感じません。半々ぐらいの印象です。

しかしこの記事ももう8年前に掲載されたもの。
結婚とはこういうものだ!という固定観念は、
現代ではもっと減っていてもおかしくないですよね。

娯楽の溢れた現代で自分にどれだけの価値があるのか

もう、自分がその性であるといった事単体に価値がある時代では無いのです。
外見だけならアイドルや俳優でみんな熱狂できますしね。
それ以上の価値を自分で持つ事ができればいいんじゃ無いでしょうか。

それ以上の価値っていうのが主に収入や能力が高いとか、
根っこの性格がすごい良いとかその辺りになるんでしょうね。

大人しく資格・副業・断捨離で行動を起こさない限り、
脱却は難しそうです。