【カフェ?レストラン?】作業効率アップにはコワーキングスペースへ

こんにちは。ハンサム真木です。

先日、こっこさんに「コワーキングスペース」という場所を教わり、
執筆などの作業をぶっ続けでしたところ、
とても効率よく快適に作業が出来たのでその紹介を書いていきます。



コワーキングスペース

そもそもコワーキングスペースって何なのか?
以下引用です。↓

近年のインターネット、様々なソーシャルメディア・ツールの発達のお陰で、私たちはオフィスにいなくとも、自宅で、カフェで、場所の制約に捕らわれず働くことが可能になりました。

 一方、自宅での作業は時に孤独感を伴い、またカフェでは十分な電源や高速インターネット・アクセスが確保出来なかったりする等の理由から、近年「コワーキング・スペース(coworking space)」という新しい共有オフィス環境が、世界的に話題になりつつあります。

参照元:世界で拡がる「コワーキング・スペース」というムーブメント、新しい働き方のスタイル。

カフェでの作業はもともと僕もよくやっていました。
自宅などより集中ができるのが理由ですが、
コワーキングスペースはカフェのそんな利点を引き継いでいます。
初めて行って受けた印象は「作業に特化したカフェ」 でした。

飲み放題のドリンクバーもあります。食べ物も持ち込みok!
カフェと印象が大きく違うのは、ほぼ全員がPCを開いて何かしらに取り組んでいること。

利用料金とプラン

いろんなお店があるようで、
基本的には、

30分だけ利用するのか、
3時間以上定額で利用のか、
あるいは月額で使い放題なのか

という感じの形式のようです。
僕の行った所は、30分利用200円〜月間フルタイム利用が月額17500円の範囲でした。

場所によっては、土日のプランが分かれていたりする様ですね。

コワーキングスペース、集中力アップだけでなくコストカットにもなる?

ざっくりとした特徴だけでも、
・電源が確保できる
・無料Wi-Fiが飛んでいる
・飲み放題無料ドリンクバー付き

この3点がありますから、
単純な出費だけでは終わらず、
日常から削れる費用もあるとおもいますよ。

中にはデスクトップPCを持ち込んで作業 している人が複数いました。
驚きましたが、それほど重要な作業場所とも受け取れます。

それで生産性が担保されるなら安いものです。
カフェのような落ち着いた雰囲気の場所で、周りに負けじと作業をする。
自宅ではダレてしまいがちなことも、
適度な緊張感で続けられます。

いろんなお店があるので、
利用規約などはそれぞれで確認をしましょう!

服を着替えてやる気にアクセル

もともとこっこさんは自宅でのブログ執筆も多く、
時折カフェやファミレスに顔を出し集中力を出す、といったスタイルだったんですが、

コワーキングスペースに行くようになった今、
あえてそこへ向かうのを「通勤・通学」っぽくすることでやる気につなげているようです。

>こっこさんの記事<
オシャレして仕事や勉強をしに行く訳ですね。発想がかわいいです。

たしかにゆったりした部屋着だと眠気とか出たりしますもんね……合理的だなと僕も思います。

新規事業を立ち上げたい人も、
単純にタスクに追われている人も
こういう共用スペースはいかがですか?