【英語学習法まとめ】完璧美女に教わる犬、成長を実感する【TOEIC】

こんにちは!
TOEIC600を目指して英語の勉強を続けているハンサム真木です。

今日はTOEICの対策の具体例を、

初心者の方にも 手を出しやすいところから紹介していきます

・そもそもどう勉強すればいいの?
・TOEIC対策の本はたくさんあるけど何を使えば良いの?

と悩める方向けに、いくつか僕が伝授された勉強法を紹介していくので
参考になればと思います。

もともと僕はほぼ初心者で、
模擬試験のリスニングでほとんど何を言ってるのか分からず、長文も読めない所だらけでした。

英語講師こっこさんにオススメしてもらった勉強法として、

スマホアプリを2つ、書籍を2つ 紹介します。

中心は単語、多読、英作文 です!

①単語学習アプリ

まずは単語!

読むのも聞くのも、単語の意味 が分からないと始まらない。

逆に単語さえわかれば理解できる場面 なんてのもあり得るわけです。
僕が単語の勉強に利用しているのはこちら。↓

英単語アプリ mikan

英単語アプリ mikan
開発元:mikan Co.,Ltd.
無料
posted with アプリーチ

このブログで以前も紹介したものですね。

TOEIC、英検、受験に対応したシンプルな単語学習アプリで、
カードめくり学習や、四択問題を解き続けるアプリです。
自分で単語帳を作って それを解くチャレンジもできるので、よく間違える単語へのフォローがしやすいです。

こちらがアプリの画面↓


1日ごとの目標単語数も決められる ので、そこもモチベーション維持になって良い感じです。
僕は目標数を550に設定しています。

スマホアプリであることを活かして、
イヤホンで発音を聴きながら通勤時間で勉強できるのが良いですね。

ちなみにTOEICの単語は2500 収録されています。

しかし!

単語学習だけでは、文章を作れないし、聞き取りもちょっと難しい。
そこでこっこさんは、それらの対策に英作文が重要だとも教えてくれました。

ここでは英作文に使っているアプリと本を紹介します。

②英作文アプリ

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング
無料
posted with アプリーチ

①まず簡単な日本語の文章が表示される
②すぐに英文が表示される
その間にとっさに英語で答えよ という、これもまたシンプルなアプリです。


中学1、2、3年生という風に難易度が分かれてます。
初めてやった時は最低レベルでもヒイヒイ言ってましたが、
いまでは言葉の順番だけでも瞬時に分かるようになりました。 当時からは予想できない変化です。
主語や述語、言い回しに対するフォロー として、そして耳を慣らす物として良いアプリだと思います。

勉強はアプリだけなの?というとそうではありません。
基礎の英作文用に使っているものがあります。

③参考にしている書籍

中学英語の復習ができるテキスト

この本を電子書籍の形ではなく、物理的に持っています。
イラストが多く優しい内容 と、カテゴリごとにある復習テスト の組み合わせで、
基礎の基礎を振り返るのに良いです。

書き込めるスペースがたくさんある のですが、
僕は簡易なノートに答えを書いて、
何度でも挑戦できるように使っています。

多読に使う電子書籍

最後に 多読用の本です。

まず前提として、僕は電子書籍を読むための商品 を一つ持っています。
持ち歩いて通勤時に読むので、本よりかさ張らないのがありがたいですね。

こちらです

これで何を読むのか?

答えは児童向けの洋書 をたくさんです!

その一つがこちら。

ネイティブの児童向けレベルの伝記シリーズです。
この手の本、
実在の人のエピソードなので内容も面白いです。
とにかく浴びるように英語を読んでいく事になりますから、
読む力の変化の実感がしやすい 練習のひとつになるでしょう!

というわけで、僕が紹介するのはこの辺りです。

勉強法はたくさんあれど、
TOEICが目標なわけですから、問題集 はもちろん買うべきだと思います。
例えばこちら。

実際の形式を練習して自己採点しないと点数も出ませんからね。
こういった模試は当然だとしても、
それ以外の勉強方法や教材 は皆悩むところだと思います。
今の時代は本だけじゃない ですから、
今回紹介したアプリなども有効活用したいところですね!