【いざという時真っ白に】英語がうまく出てこない話

こんばんは。
すっかり冬の気候ですが、心は愛に満たさぽかぽかのハンサム真木です。

英語学習者ならあるあるだと思うんですが、
いざ英語話者を前にして話そうと思っても、
基礎すらなかなか言葉が出てこないんですよね。

僕もつい最近それで苦労したので……

それを改善する勉強法として、僕はパーフェクト彼女兼講師であるこっこさんに

・多読
・英作文
・単語

を中心に進める様アドバイスを頂いてるのですが、
英作文に関して

めちゃくちゃショッキングなアプリを教えていただいたので
共有しようと思います。
※有料アプリです

全然言葉が出てこない

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング
¥1,200
posted with アプリーチ

↓上記アプリのスクリーンショットです。

まずパッと日本語の文が表示され、時間が過ぎると英文が表示されるので
瞬間的に話さないといけないコンセプトのアプリのようです。
それが連続でどんどん出てくる。わんこそば的な勢いです。

僕自身が勉強始めたてなのでこれが一番だ!みたいな活用法などを考察するのは控えますが、

いざやってみると、本当に初歩の初歩で焦って止まる。

目の前に例文があるんだから、
言いたいことはハッキリしている。なのに出ない!
それって会話以前の問題ですよね。

ただ単に提示された英語の意味を考えるんじゃなくて、
自分が操る英語を問われるなあと感じました。

英語を【作る】力が必要

記事冒頭に英作文とあるように、
もともとこっこさんに対し
なんでも良いので英文を作って送る(添削付き)という練習もしているのですが、
基礎の基礎みたいな文を沢山作るこのアプリで体験してみると
もっと量が必要なことが改めて痛感 できますね。

当初の目標はTOEIC600ではあるとはいえ、
いずれは会話もできる様にもなりたいものです。

これからも精進あるのみです。