【英語上達は楽しい】子ども向けの洋書を読む話

こんにちは。完璧彼女に英語指導されながら、
一人でできる練習・勉強法も伝授されているハンサム真木です。

タイトルにありますが、ネイティブの子ども向けの洋書を読んでいます。
多読という練習法の為ですが、
これがとても楽しくて。

読んでいるのはこちら

【Who was Steve Jobs?】

↓Amazonのスクリーンショットです

ダンビズでも紹介されています。こちらのページ下部です

どんなふうに読んでいるのか?

・音読をひたすらする
・分からない単語は即調べて内容もちゃんと理解する

というスタイルです。単語の大量暗記も普段やっているので、
幸い意味の検索でかかるブレーキは少なくて済んでいます。
バランスが大事ですね。

今のところ全体の3割読めていて、
内容もやはり、有名人のエピソードですから普通に面白いなと楽しく読んでいるのですが、

一番の驚きは。。。

ある程度進んだ時、フッと読む速度が上がった事ですね。

意味を理解する速度はまだ行ったり来たりの範囲をでないけど、例えばこっこさんの様な流暢な速度を、
なんとか目で追えるんですよね。

なぜグッと早く読める様になったのか?

なぜこんなに早く実感できるんだろうと不思議に思いましたが、英語ランド(リンク)でこっこさんに言われた事を思い出します。
そもそも日本の英語授業では読み書きの量があまりに少ないと。

今までが少なかっただけで、効率的なやり方や正しい考え方で臨めば、
僕の様な初心者でも、
すぐに実感できる変化に出会えるんだなあとしみじみ思うのでした。これはモチベーションの為にも大事ですよね。

何より、単語帳だけでは無くて
ストーリーありの本でジョブズすげーと思いながら知った単語はさらに記憶に定着しますよね。

多読にはそういった効果も付いて来ます。

楽しい上に効果的なんだから、
文句無しですよね。
逆に、楽しさは効率の一部なのかもしれません

その辺はあらゆる勉強や練習……上達を伴う物なら何にでも当てはまる事ですよね。
是非みなさんも多読、やってみてください

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です